<< リバーシブル | main | テレビが増えた >>
2017.09.30 Saturday

母が旅立ちました

0

    母が9月27日18時2分に87歳で逝去しました。

     8月末に施設にいた母が食事を取らなくなったことがきっかけで体調が弱り入院。

     それから20日間、3食とも流動食を食べさせて5日ほど施設に復帰しましたが、再び入院…あとの10日間は病室で手を握ってやることだけが私のできることでしたが、看病、私の力およばす…逝ってしまいました。

     仮通夜、通夜、葬儀と誰もが経験する3日間だと思いますが、自分なりにどこまで母の為にやれたかなと思っています。

     その3日間、関係者の皆様からお受けした母へのお弔いの言葉、私へのお励ましの言葉、それを糧に母を思い起こしながら生きていくことがこれからの私の母への恩返しと捉え、しっかり生きていかねばと決意している今日です。

     今朝、しばらく開けることもなかった縁側の窓を開くと、黄色い彼岸花が満開。母が一旦施設の部屋に戻った時に月が変わっていたので「去年の今頃はこんなに彼岸花が咲いていたよ」と日々の花を撮りためて作った私のカレンダーを見せたところでした。

    2017093001.jpg

     

     ふたたび母が家に戻って庭の四季の変化を目にすることはもうないのですが、遺影越しに見せた彼岸花どこまで母の魂が感じてくれたかな…と。

     

     写真は私の親友、吉田茂隆くんが撮ってくれました。母のありのままの姿をおさめてくれて感謝感激です。

     撮るきっかけは「マイナンバーカード用の写真が要る」という理由で母を写真館に連れていき、少し横を向かせて撮ってもらったことによります。

     マイナンバー関係の職場にいる私は、かたわらでマイナンバーをつくりたいとの電話を受けている職員がいると、こういうきっかけでお母さんお父さんの写真を撮る人もいるよ…と言うことにしています。

     

     午後イチに母の入所していたグループホームに片付けに従姉妹と共に。

    2017093002.jpg

     施設のご配慮で、三段引き出しユニット、ハンガーや着ていたものパジャマなどは使ってくれるとのことで引き取ってもらうことに。最初に持ち込んでいた着るものは伯母のお下がりを従姉妹からもらっていたので、他の利用者の倍はあっただろうか…持ち帰った後でどうやって処理しようかと思っていたところだったので、ありがたい配慮。

     

     夕刻、家で色々やっているところに葬儀に出られなかった叔母の訪問があり、仏間で対応後、墓に一緒に行ってもらうことに。

    2017093003.jpg

     

     17年前に亡くなった親父は母の到着をどう思っただろう…また生前のようにケンカしてなきゃいいのだが…

     そう思いつつ、手を合わせていると蚊にしこたまくわれてしまった。

     さて、母の納骨はいつやろうか…しばらく家に居てもらわないと自分も寂しい。

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM