<< SDXCカード | main | 今年最後のencross >>
2018.12.23 Sunday

宮崎キネマ館

0

    久しぶりにここに…

     この日は宮崎県知事選挙。前日のこのような時間に不在者投票をすませ…

    2018122301.jpg

     

     翌朝7時ちょいすぎに自宅から宮崎市へ。門川町を通るときに朝日がきれいだったのでパチり。

    2018122302.jpg

     

     映画を宮崎キネマ館でみようと高速道路通らずに国道10号を南下したところ、ぎりぎり到着。

     見た映画1本目は「日日是好日」

     今年お亡くなりになった樹木希林さん出演の映画で、彼女はお茶の師匠役。24年間の時の流れを織り交ぜながら茶道の所作が随所に描かれ、師匠役の樹木希林さんと若い2人の女優のやりとりが前半。後半は誰が主演なんだろう…と思っていたところ、家族とのやりとりがいろいろ出てくる黒木華さんが主役に見えてくる…

     しょっぱなで出てきた“ふくささばき”という所作。流れるように説明するのだけど、茶道なんぞたしなんだこともない自分としては茶のむまでに布一つにしてもこんなに動きを体で覚えなければならないかと思うと気が遠くなる。加えて茶碗、窯、柄杓…それぞれ扱いが丁寧に映画の中で描かれる…

     …それら映像が綺麗。カメラワークがすごい。先日、アモルフィックレンズ使った某映画とは大違い。Blu-ray出てたら買うかもしれない。映画に外国の字幕つけて海外向けに作れば、日本の茶道の文化発信にもなると思う。

     

     2本目は「華氏119」

     どんでん返しの選挙が行われた日が2016年11月9日なので「…119」。前作が「華氏911」その前は「ボウリング・フォー・コロンバイン」どれもこれもストーリーは“アメリカって国はどいつもこいつも…”って内容をマイケル・ムーア監督がドキュメントタッチで描く映画。本作はあやうく見逃してしまいそうになっていた映画で、ここキネマ館で上映していることを知り、見てみた次第。

     “アメリカって国は…”って、昨今の日本も言えなくなっているのかもしれないけど、日本人はおとなしいなぁ…と思えてしまう。

     

     

     もう一本ぐらい場所変えて見てみようか…と、宮崎セントラルシネマに向かうも見たい映画のスケジュール合わず。おそい昼食は道路沿いに見かけた星乃珈琲店。もともとあった蔵でも改装して作ったのかと思ったけども、この系列の店はこれが特徴らしい。店内の書は武田双雲さんとのこと。

    2018122303.jpg

     

     その並びにあるローストチキンコオロギという店、ここ宮崎にたまに来て前を通過する時に開いていることがなかったのに、この日はクリスマスのためか賑わっていたので突然立ち寄ってみた。実はここの興梠さん、私の歯科技工士学校時代の同級生。今ではJリーガー興梠選手のおかあさん。再会は実に三十数年ぶり。お互い二十歳前の面影を探ったのだろうけど…その感想は!?!? 

    2018122304.jpg

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM