<< 夕方にやっと外出 | main | 夕立 >>
2019.07.28 Sunday

家に隠る

0

    とうとう出なかった

     朝に二度寝三度寝。気がつくと昼だったが、朝は日本列島で地震があったらしい。それは夕方のニュースで知った。M6.5といえば大きな地震、それが一番揺れた地点は625km離れた地点で震度4というから不思議な地震だ。

    2019072801.jpg

     

     地球のプレートの奥底が震源で、その重なりの先が震度4というから、初期微動継続時間=震源までの距離じゃないらしい。というと、揺れは激しくなくても巨大な津波がくることもあり…ということかもしれない。

    2019072802.jpg

     

     夕方、玄関チャイムが鳴ったのでモニターを見ると宅配便到着。ダンボールが重かったのか車が玄関先にあったからなのか、いつも1回だけ鳴らして玄関先の宅配箱にいれて帰ってくれる担当者が2回チャイムを鳴らしてくれたけども、今日はテレビに見入っていて間に合わず。

     届いたものがコレ…「大家さんと僕」の続編と「3つのアポロ」、そして先日Amazomでポチって手にしていた充電器がリコールになったANKER充電器を返品してその返金が確認できたので、今度はAUKEYバッテリー。ANKERとAUKEY、最近はメーカー名もいろいろあって覚え切れない。

    2019072803.jpg

     

     宅配便の荷物を取りに玄関先に出た時、外は少し暗くなりかけて曇天。昼過ぎまでは外出めんどくさくなるぐらい酷暑だったのに少し涼しくなっていた。CATVで「ポツンと一軒家」見ながら小さいテレビで「いだてん」を見ていると、遠くでまつりのべおかの花火が上がり始めた。

     いだてんでは、金栗四三役の中村勘九郎さんから田端政治役の阿部サダヲさんへ登場比率が変わり、内容は第二次世界大戦へと近づく世の中が描かれはじめた。犬養毅も今日の回で暗殺され、田端政治の関わる新聞の報道の扱いも変わり始める。五・一五事件、断片的にしか私の頭に入れていなかった日本史の消えかけた知識に、この時代は高まりかけていたオリンピックの機運が戦争という歴史にかき消されてしまう知識が重ねられた。これからドラマの後半は悲しい第二次世界大戦が終わった後、世界も驚く復興の最中に東京オリンピック…となるストーリーだろうけど、あと何回先かな。

     今日の昼に見ていた番組で、東京オリンピックの話題が出てきた。田端政治は開会式の選手団が整然と列を作って陸上競技場に入場してくる姿に学徒出陣を思い出してしまい、閉会式はそれをどうにかしようとたくさんの酒樽を入場ゲート前に並べて選手に振る舞い、あの国をわけないバラバラ入場にしたという逸話があった。いだてんの後半でそのシーンがどう描かれるのか今から楽しみだ。

    2019072804.jpg

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM