<< 嵐の前 | main | 嵐の当日!? >>
2019.08.14 Wednesday

嵐の前日

0

    降雨量1,000mm以上

     大阪の年間降雨量が今日と明日いっぺんに降る地域が予想される今回の大きな台風。朝からのニュースは関東地方で激しい雨を伝える中、まだ我が街は午前中薄日が差していて、昼前に霧雨の中、コンビニに買い物に行けたほどだった。それからは突然雨が降ったりやんだり、雲の流れも速い。台風の予報を詳しく伝えられても、来るものは拒めず。

     さて、テレビの地上波の内容も見飽きてナショジオchで放送されている番組をつけてみると、あっちの国の航空事故の検証番組だった。日本では三十数年前の御巣鷹山のニュースが昨日流れた翌日の今日、飲酒した副操縦士のニュース。酷いもんだなと思っていたら、そんなもんじゃなかった。その飛行機事故を検証してみると、いつも副操縦士にパワハラを繰り返す機長がなんと搭乗前夜にコカインをやっていた。副操縦士は操縦の技量に乏しく、機長の威圧的な指示には絶対に逆らえない。悪天候で飛行が遅れていたからか、遠回りすれば安易な着陸を避け、難しい方向からの時短な着陸を副操縦士は強いられ操縦を続ける。もう山にぶつかる回避できない状況になったときには機長はコカインの禁断症状状態。まともな判断もおぼつかず…その結果、墜落…日本の飲酒の比じゃない酷い話。

    2019081401.jpg

     

     引き続き番組を見ていると国際宇宙ステーションの番組。アポロが月に17号まで行き続け、ソビエトを宇宙開発で抜き去った後に軍事的にはまだ仲の悪い状況で宇宙空間では仲良くし始めていた。アポロ宇宙船最後となる18号とソユーズがドッキング。その後はアポロがスペースシャトルになり、ソビエトの宇宙ステーションミールとドッキング。さらにそれが国際宇宙ステーションに発展して、アメリカの予算不足などあって、EU、カナダ、そしてJAXAの日本もそれに加わる…宇宙ステーションへの往復は枯れた技術で飛び続けるソユーズ。そんなことを考えると宇宙は実に平和な空間だ。朝っぱらから見続けた地上波の日韓のいやなニュースと大違いである。

    2019081402.jpg

     

     昼に玄関のポストに中国からの郵便物が届いていた。Amazonも注文内容によっては中国からの荷物になるけども、空気いっぱいのダンボールと違って送られてくるものは緩衝材プチプチが中につまったビニール袋状態。まぁ届けば良いし気にはならないにしろ中の箱はツブれている。

     中身はアルカスイス互換のクランプとプレート。因みにこの類のクランプは自分の持っている三脚全部に。プレートは形の長短はあれどハンディカムからRX100まで全部付けまくっている。いろいろ買ってみて今回のこのクランプにはチョイとやられた。通常は1/4inchで切ってあるネジ山がない。穴はスポスポ、付いてる皿ネジはその穴に突き通るだけで留める工夫が要る構造だった。
    2019081404.jpg

     

     ひとまず取り付けたのはハンディカムを使う時にマイクも…という目的で売られていたブラケットUB-90。

    2019081405.jpg

     

     RX100M6の横にZOOM Q2nをのせてみる。今月末に届く注文済みのRX100M7にはマイク端子が付くっていう予想はできあかったなぁ。知っていればQ2nはもっと手軽なマイクだったかもしれない。

    2019081406.jpg

     

     夕方、チラりと日が差していた。台風は九州と四国を直撃間違いなしなのだけども、夕方まで強風は吹かなかった。夜中から心配だ。

    2019081403.jpg

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM