<< 子ども食堂にて | main | ニュースに煽られる >>
2019.08.19 Monday

天気が崩れる

0

    少しは涼しくなったものの

     台風が去ったあと、天気がスカッとしない。今朝は起きる時間からしとしと降り始めて、その後本格的に降りだしたかと思えば遠くから雷鳴まで聞こえる。外出面倒臭いなと思っていたところ曇天となったので買い物。

     それから戻ってきたら「ひるおび」が始まっていた。普通なら冒頭にある森さんの天気予報が例のあおり運転やっちまった野郎の関連ニュース、もう捕まったのだからサラりと流せば良いものを各局総出で容疑者は袋叩き状態だ。共犯の女性関連で人違いを始めたネット利用者が出始めたらしく、関係のない女性にネット攻撃があっているらしい。たぶん世論のほうもあおり?を受けてドライブレコーダーの売り上げがさらに上昇して道路交通法まで改正されていくのかもしれない。

     番組中盤でいつもの天気予報が始まる。朝は「グッド! モーニング」の依田さん、昼は「ひるおび」の森さん、もっぱら自分の関心は天気ばかり。森さんは大画面パネルと少し小さめの2画面に加えて毎回作り込んだ工作物でプレゼンするのだけども、その動きがうまくいかない日なんぞ、言いたいことが先にわかってしまってその回りくどさが面白い。それが今日は意外にうまく事が運んで、しばらく崩れる天気の具合がよくわかった。秋は始まったけど天気はぐずつく…

    2019081901.jpg

     

     てっきりencrossに忘れてきてしまったか、どこかに置き忘れてしまったかであきらめかけていた本が出てきた。またやっちまったよ…。

     しおりを挟んでいたので続きを読み始めるけども、本の真ん中をすぎてやっとこさアポロ1号が登場する。ここまでは第二次世界大戦終結から東西冷戦、ケネディの月に行くぞ宣言、マーキュリー計画、ジェミニ計画と前置きが長かった。それも暫く変な積ん読のために随分忘れてしまっている。

     アポロ1号は当時のジョンソン大統領に忖度したからなのか、無人で打ち上げテストを行うことなくいきなり飛行士3人を搭乗させて打ち上げ試験に突入する。そのテストの最中に宇宙船が火災を起こして3人とも亡くなってしまう悲惨な事故で有名な号。

     亡くなった船長のガス・グリソムは、アポロ1号の前にマーキュリー計画で宇宙飛行経験を経験していて2度目の宇宙飛行に臨んでいた。最初の飛行だったマーキュリー2号が地球に帰還する際、海面に着水してなにかのはずみで開いたハッチから海水が侵入、あやうく彼はおぼれかけている。そのためにアポロ1号のハッチは開閉に90秒もかかる簡単に開かない構造に…。改善が改悪になっていたわけだけども、その後のアポロは開閉時間が3秒で完了するように改善されている。

     さらに本を読みながらWikipediaで船長のガス・グリソムを検索して驚いた。彼のフルネームがヴァージル・アイヴァン・"ガス"・グリソム。“ヴァージル”といえばあの巨大な頭の人形劇、サンダーバード2号のヴァージル・トレーシー。どうやらこれが関連があるらしい。もしかしてヴァージルのほかの兄弟、スコット、アラン、ゴードン、ジョンもアポロ宇宙飛行士から来ているのかもしれない。月に降り立ったバズ・オルドリンがトイストーリーに出てくるバズ・ライトイヤーとなっているけど、サンダーバードはそれより前だったってこと!?

    2019081902.jpg

     

     飯をたらふく食ったためか15時前に眠気が襲ってきた。自由人とは気楽なものでなんとなく昼寝をしてしまったところ、目覚めたのが18時前。とんでもなく損をした1日だった。久しぶりに出てきた本、月着陸はまだまだ先…

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM