<< 大分市日帰り | main | アルカスイス互換 >>
2019.08.23 Friday

パタパタ電波時計

0

    修理

     玄関の下駄箱の上で電波を受け止め、日々正確な時間を表示していたパタパタ電波時計が故障。原因は文字盤送りをするギアの噛み合わせ不良。正常であれば1分ごとに“パシャ…パシャ…”の音がそれこそ“パタパタパタ…”の連続音を出して止まってしまったため昨日から修理にとりかかった。

     まず画像は順不同。これはいったん本体をバラして細工をして組み直したところ。左下には工作道具の平ヤスリを探し回っていて、同じ引き出しからなぜか出てきた延岡西高校3年時の生徒手帳。手帳の写真は高校2年生の3月にでも撮ったのだろうけど、手帳ケースのビニールと接する面にくっついて剥がれていた。

    2019082301.jpg

     

     そして今朝、生徒手帳をきっかけか明け方に変な夢を見てしまった。いつも夢を見ることもないし、見たとしても覚えていることもあまりない夢でも、今朝の夢は面白い。高校時代の夢かと思えば、事務屋で働いていたときの最近の夢。隣席の同僚がある日の翌日から男子高校生の格好で机に座ったのだ!? 暫く彼と黙々と事務処理を続けるのだけども、彼の昨日までの顔が思い出せない…いったいこりゃどうしたことだ…というところで目が覚めた。

     さて、変な夢をはさみながら昨日から今日にかけて修理した電波時計、まずほとんど分解してボビンにぶら下がっている文字盤の順番を揃えて、その幅をノギスで測定。

    2019082806.jpg

     

     きちんと測定してみたところ、文字盤を取り付けるボビンの円盤の間隔がそれより1mm程度長く、これまでは取り付けられた文字盤をチョイと触ろうものならパラりと外れてしまう状況だった。この際だから修理のついでにボビンの円盤を取り付けるパイプにヤスリがけして調整することに。

    2019082807.jpg

     

     ボビンの間のパイプを取り付けられる文字盤ピッタリにすると、パシャ…と分送りされたときにひっかかってうまくめくれない。それも考慮してネジを締め2つのボビンを完成。すべてを組み上げたときのボビンの間隔にも削った分だけ隙間ができてしまうため、両者の間を金属ワッシャーで補正。ボディまで組み上げて再び動作確認。

     またギアがカラ送りになったら、たぶん電源再投入で回復するだろうと思う。

    2019082303.jpg

     

     夕方から延岡西高校同窓会理事会で西高会館へ。今日の主な議題は日曜日に行う予定のイベント最終打ち合わせ。延岡西高校同窓会副会長の虎彦の上田さんの差し入れの紅白お祝いどら焼き、イベントの時に実行委員が腕に巻く腕章。

     昨日の高校時代の生徒手帳に始まり、今日は同窓会理事会。延岡西高校つながり…

    2019082304.jpg

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM