<< 放射冷却 | main | 年末の気配 >>
2019.12.10 Tuesday

寝坊

0

    工事の音で目がさめる

     我が家の隣は空き地、今は近所の下水道工事の残土置き場になっているらしく、ここ2,3日が盛んにダンプカーの出入り。いつもは起きて整形外科に出かける時間、今朝はそんな時間まで目が覚めなかった。というのも、昨晩は夜中に目が覚めてNHKを見ていた。「チコちゃんに…」とか「教えてカネオ…」とかの再放送があっていて、どちらも起き上がって見入ってしまい、そこで睡眠の歯車がおかしくなってしまっていたためだ。

    2019121002.jpg

     

     だからといってプゥ太郎には何も困ったことはなく、10時すぎに着いた整形外科の駐車場はこんな区画。今日は空は雲だらけ。

     左上半身は徐々に力が戻ってきて、今日ぐらいは低周波とSSPだけで過ごせるかなと頑張って見たのだけども、ロコアテープをまた貼ってしまった。

    2019121001.jpg

     

     夜、BS放送「にっぽん縦断 こころ旅 とうちゃこ」で我が街の鮎やなが取り上げられた。12月初旬で簗はおしまいなのだけど、火野正平さんはいつ頃にロケで通ったのだろう。先発撮影隊は愛宕山で2場面、超望遠のショットを撮っているようだった。この自転車旅番組、あっていることは知っていながら番組初めから終わりまで30分を見たことはなかった。892日目なんだそうで、明日からは美郷町、宮崎市、小林市と続くらしい。

    2019121003.jpg

     

     

    【クラウドファンディング】

    =================================

     自分のライフワークとして取り組んでいる【のべおか「第九」を歌う会】の活動で、このほどクラウドファンディングに取り組むことになりました。

     のべおか「第九」を歌う会は、これまで33回の公演を経て、今年の12月14日に第34回の公演を控えています。1986年最初の公演は団員数400人超え、その後しばらくは300人体制だった合唱団員数が、年々集う仲間の減少で最近は100人前後となってしまいました。宮崎県北から「第九」の歌声を途絶えさせる訳にはいかない、なんとか我々の活動を続けて行こうと、近年は「賛助会」や「のべおか第九の伝統をつなぐ会」を設立してご協力の輪を広げて頑張っています。
    来年は「第35回国民文化祭・みやざき2020」が宮崎県に巡ってくる年。そこまで私たちの活動を繋げ、全国から「第九」を歌うメンバーを迎えたい…この活動に今年はクラウドファンディングを加えました。ご賛同の方はリンクから詳しい内容をご覧ください。またよろしければこの活動をシェアしていただくと大変助かります。よろしくお願いいたします。

    FAAVO_logo_white.jpg

    延岡市の年末行事

    【のべおか「第九」演奏会】

    を存続させたい

    2019120502.jpg

     

    のべおか「第九」ホームページ

    https://dai-9.info/index.html

    のべおか「第九」FaceBook

    https://www.facebook.com/nobeoka.dai9/

     

    =================================

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM