<< 年末の気配 | main | クラウドファンディング終了 >>
2019.12.12 Thursday

今年の漢字

0

    予想外れ

     ここ2,3日は行動パターンを変えて、朝イチは家でゆっくりして10時すぎに整形外科に行くことにしている。これまでは8時30分に駐車場に着いて9時の診療開始で10分程度待たされてリハビリ、会計済ませて駐車場を出るのが10時ちょっとすぎだったところ。その帰る時間の10時すぎに来院するという行動パターン変更だ。そうすれば朝イチに寒い思いして行列並んで済ませた患者さんたちがポロポロ駐車場から出てくる。そこに乗り付けるというわけだ。止める区画はあちこちバラバラとなるけども、整形外科の滞在時間は半分程度になる勘定。

     昼前に我が家に戻ると、隣の空き地はいつもの下水道工事で賑やかな音を立てている。覗き込んでみるとバックホーが残土運んでいる。

    2019121202.jpg

     

     家のすぐそばにこれから敷設されるだろう下水管が何本も置いてあった。この口径の管に我が家の下水の一部も流れ込むんだろう。

    2019121201.jpg

     

     今日は「今年の漢字」なるものが発表だったらしい。各局生中継で、卓上の大小のテレビつけて見守っていた。これがこれまで選ばれた漢字の一覧。昨年の“災”も覚えちゃいなかった。2004年も“災”、“金”はオリンピックのたびに選ばれていそうなものの、そうでもない。順当にいけば来年は“金”だけども、どうなのだろう!?

    2019121203.jpg

     

     自分は絶対“桜”だと思っていたけども、なんのこたぁない“令”だった。なぁんかヒネリがなくてあっけないなぁ…

    2019121204.jpg

     

     

    【クラウドファンディング】

    =================================

     自分のライフワークとして取り組んでいる【のべおか「第九」を歌う会】の活動で、このほどクラウドファンディングに取り組むことになりました。

     のべおか「第九」を歌う会は、これまで33回の公演を経て、今年の12月14日に第34回の公演を控えています。1986年最初の公演は団員数400人超え、その後しばらくは300人体制だった合唱団員数が、年々集う仲間の減少で最近は100人前後となってしまいました。宮崎県北から「第九」の歌声を途絶えさせる訳にはいかない、なんとか我々の活動を続けて行こうと、近年は「賛助会」や「のべおか第九の伝統をつなぐ会」を設立してご協力の輪を広げて頑張っています。
    来年は「第35回国民文化祭・みやざき2020」が宮崎県に巡ってくる年。そこまで私たちの活動を繋げ、全国から「第九」を歌うメンバーを迎えたい…この活動に今年はクラウドファンディングを加えました。ご賛同の方はリンクから詳しい内容をご覧ください。またよろしければこの活動をシェアしていただくと大変助かります。よろしくお願いいたします。

    FAAVO_logo_white.jpg

    延岡市の年末行事

    【のべおか「第九」演奏会】

    を存続させたい

    2019120502.jpg

     

    のべおか「第九」ホームページ

    https://dai-9.info/index.html

    のべおか「第九」FaceBook

    https://www.facebook.com/nobeoka.dai9/

     

    =================================

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM