<< 風つよ… | main | することもない >>
2020.04.23 Thursday

寒む!

0

    とても付いておれない

     昨日の夜半から今朝にかけてのこと座流星群の撮影、我が家のテラスに這いずり出て撮るだけの手間でも、真夜中前は風も強く厚着をして出ないと寒かった。最初は日が暮れて隣の小児科の駐車場の照明の光害がなくなる頃に一旦出て、空は邪魔な雲だらけ。そのままやめてしまおうと寝てしまっていたところに、夜中に目が覚めて再奮起した撮影だった。

     いつものCyber-shotのRX100M4とRX100M5を少し北寄りの東の空に向けて設置。朝までタイムラプス撮影をしてやろうと今日のシャッタータイミングは20秒露光して2秒休み、20秒露光して…をそれぞれ990枚。震えながら画角をセットして、星空用の天気予報の真夜中過ぎに一旦曇ってそれから星空という予報を信じて部屋に退散。

     夜明け前に寒気がして目が覚めた。こりゃもしか…と疑心暗鬼だったけども、部屋の温度が極端に低く、エアコンかけるとなんともなくなった。7時前にカメラを撤収しようと出てみると、まだ2台は撮影をやめていなかった。これじゃ990枚の明るくなり始めた後半の部分は使えない。

    23日朝

     

     MacBook Proに読み込んで確認してみたところ、星空用の天気予報がほぼ正確に当たっていて真夜中過ぎから一旦雲が流れて、スッキリ星空になったのは夜中3時前から。撮影スタートから数百枚、終わりの数百枚を捨てて、使えるそれぞれ300枚重ねたスタートレイルがこんな具合。RX100M5を上気味にRX100M4を下気味に据えている。

     さてこと座流星群の流星は……その瞬間に目視していたわけではないのだけども、北極星付近を通過するものはその火球なのだろうか!?

    RX100M5

    RX100M4スタートレイル

    RX100M4

    RX100M5スタートレイル

     

     RX100M5のそうではないか、と思われるコマを取り出して明るさ補正したもの…

    RX100M5

     

     それぞれ上下が少しカットされるが、【動画】はこんな具合。ぼわぼわ動くのは1コマ20秒の露光でそれを1秒あたり3コマの動画にしているため。もしかじっくり見返すと流星がちらほら見えるかもしれない。いつものごとく、これもスマホでご覧になるとまっ黒けだと思われる。できれば部屋を真っ暗にしてパソコンの画面で…

     

    蛇足…このBlog、退職を機に“毎日書いてやろう”と決意して、2019年3月27日から連日投稿を開始。

    よろしければ併読を…

    ------------------------------

    2019年4月23日の出来事

    断捨離5日目

     退職のご挨拶ハガキに「ハガキでのご挨拶はこれまで」宣言をしたため、これまで数十年いただき続けた年賀状をすべて捨てることにした。毎年500枚受け取っていた年賀状も断捨離するには強敵だった…

    -----------------------------

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM