<< 簡易三脚 | main | 久しぶりの外食 >>
2020.05.23 Saturday

クラウドファンディング

0

    ATOM Cam

     5cm程度の立方体のこの防犯カメラ、単体が2,000円程度のクラウドファンディングだったため3個+1個で参加していたところ、募集終了後にしばらくして届いた。設定は至極簡単。本体の小さいリセットボタンを爪で押して「接続待ちです」と繰り返される間に、iPhone側のアプリでカメラ追加を選んで手短な既に開通しているWi-Fiを指定して画面を進めるとQRコードが画面に表示。それをカメラに見せつけると「接続しました」とカメラから認識され動作開始…といった手順。

    詳細記事:ウソ…でしょ!? 本格ネットワークカメラが1980円、「5台で死角対策」しても1万円!……でファンディング中

    ATOM Camセットアップ

     

     実は独り住まいとなってしまった我が家、いつだったか郵便受けに届いた郵便物の中からSDカードを盗まれてから始まった防犯カメラ設置。羹に懲りてなんとやらで、先に設置した同様の防犯カメラがあって、外出してしまってからは見ることもできない旧式のものから、Panasonicのスマ@ホーム、Amazonでベストセラーになった塚本無線のWTW-IPW108J2を設置済み。年々機能アップするこのようなカメラ、今となっては古いものは動作させているだけでSDカードの点検もなっていない。

     さて今回4台届いたATOM Cam、悲しいかな実は1台が初期不良。その交換を待っての一挙のセットアップだったのだけども、設置する玄関先のUSBケーブルの配線や宅配便受箱や郵便受箱の穴あけに手間取り、本日やっと設置完了。うち2台はユニークな使い方を試みている。「なにか届いたら、それがどっちかわかる」的なことができるように宅配便受箱と郵便受箱の中に設置してみた。

     宅配便受箱内

    宅配受箱内

     郵便受箱内

    郵便受け内

     

     インターネットの草創期、ケンブリッジ大学のコンピュータ研究室にあるコーヒーメーカー(The Trojan Room Coffee Machine)のコーヒーの残量画像をWebサイトからインターネットを通じて、ほぼリアルタイムに世界に配信していたという逸話があったような。これには及ばないけども…閲覧制限がかけられているからもしか上かもしれないが、我が家に届いた物が郵便なのか宅配なのか…自分が在宅していようと外出していようと確認できるようになったわけだ。

     ATOM Camという製品、クラウドファンディングも終了して、一般販売が始まっているようだ。ところがよく見受けられるクラファンと違って、一般販売されはじめた製品は機能アップされた別物といわれるような製品らしい。これから同様のものを設置しようとする人は検討してみるのも面白いかもしれない。

    詳細記事:ちょっとやりすぎっ! 2千円台の本格ネットカメラ「ATOM Cam」が製品版で超進化!!!

     

    蛇足…このBlog、退職を機に“毎日書いてやろう”と決意して、2019年3月27日から連日投稿を開始。

    よろしければ併読を…

    ------------------------------

    2019年5月23日の出来事

    FileMaker

     古いバージョンを使い続けているFileMaker、とうにバージョンアップ販は買えなくなっている。さてどうするか…

    -----------------------------

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM