<< 液晶保護ガラス | main | 久しぶりに晴れ >>
2020.07.16 Thursday

日本はどうなる?

0

    変わり果てた世間と変わらぬ日常

     例年この時期に楽しみにしていて観覧席の予約をかける「やつしろ全国花火競技大会」、やっぱり今年は時期未定の延期だった。豪雨災害で八代市も人吉市も甚大な被害に遭って大変な街になっている。再開されて、あの夜空に上がる花火群を見るのはいつになるだろう。

    床屋に行った

     予約は予約でも散髪なら大丈夫。1時間かからずいつもの髪型。なんとちょうど1年前のこの日にも床屋に行っていた。

     昨今、ツーブロックという妙な髪型が流行り始めたらしい。あんなぞうらくな髪型はやろうとも思わないが、都立高校によっては謎の校則で禁止された髪型とニュースで知った。

    やつしろ全国花火競技大会

     

     午後は昨日に引き続いて参院予算委員会閉会中審査の中継を見入る。議員の質問に専門家も対応。驚いた内容は東京大学先端科学技術研究センターの児玉龍彦氏が新宿区に“エピセンターが形成されつつある”と答弁したこと。“エピセンター”とは初めて聞く用語、“感染集積地”ということらしい。このエピセンターを国の総力を挙げて止めないとミラノやニューヨークの二の舞になるので、大規模なPCR検査をと訴えた。

    国会閉会中審査

     

     尾身茂会長は、無症状感染者への検査を訴える。4か月前であればテレビのコメンテーターが番組でこの理想を述べるとある方面から非難されていたことが、今では専門家が国会の答弁で述べる内容になっている。そんな中で政府はGoToキャンペーン強行。その進め方にこの専門家たちの提言がどう活かされるのだろうか。GoToキャンペーンで熊本に行ってもボランティアはできない。キャンペーンの予算を熊本の観光業や交通インフラに振り向けてみてはという指摘もあって当然だ。

    専門家の意見

     

     感染集積地と呼ばれ始めた新宿の陽性率、これを平たく東京に置き換えるのは早急。しかし、だんだんこの感染が関東圏ばかりでなく日本中に拡散しているだろうということは誰も否定できないことだろう。

    感染経路

     

     東京ばかり槍玉に挙げて申し訳ないけども、感染確認数が過去最高。こうなってまでも群れたがり酒好き呑ん兵衛は形成されつつあるエピセンターに行くのだろうか、田舎町の若いおまわりさんは都会から派遣の風俗さんから接待受けるのだろうか、そんな連中は豪雨被災地の復興に大変な思いで奮闘している人の気持ちなんぞ…わかってないんだろうなぁ。

    感染者過去最高

     

     やると決めたGoToキャンペーン、直前に大山雷同して結局…東京起点の旅行は対象外に。東京来てんって言われても、自分は前から行かん地域だ。ほかに感染拡大都市もやめておこう。いや、これまで同様の変わらぬ“ぢっとしておく日常”を送ることにしよう。

     

    蛇足…このBlog、退職を機に“毎日書いてやろう”と決意して、2019年3月27日から連日投稿を開始。

    よろしければ併読を…

    ------------------------------

    2019年7月16日の出来事

    床屋

     2か月に1度の散髪。金のかからない頭に感謝。

    ------------------------------

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM