<< のべおか「第九」結団式 | main | Adobe >>
2012.06.06 Wednesday

金星が太陽面を通過

0

    延岡市愛宕山はピーカン…

     台風一過、晴天となった本日、金星が太陽の手前を通過する天体現象とやらで、愛宕山展望台の駐車場に向かいました。

    2012060610.jpg

     着いてみれば、ご覧の天気…来る途中にSPF50の日焼け止めなるものを買ってはみているものの、先が思いやられます。

    2012060608.jpg

     すでに数名、天体望遠鏡を設置して観測を開始されている方がいる中、私の装備はご覧のとおり…
     小さめの三脚に自由雲台をつけ、それにビクセンの赤道儀…その稼動部に自由雲台ではなくビデオ雲台(微調整はコレが重宝)、そしてデジカメはサイバーショットDSC-HX200V。そしてフィルターND100000、太陽観測専用のものです。

    2012060609.jpg

     撮影はISO100、F5.6、シャッタースピード1/800に固定…ズームはデジタルも使う…と割り切りスタート。

    2012060611.jpg

     その成果をここに…

    2012060601.jpg

    2012060602.jpg

    2012060603.jpg

    2012060604.jpg

    2012060605.jpg

    2012060606.jpg

    2012060607.jpg

     


     最後の2枚はさすがに固定データでは追いきれないほど雲が出たため、オートに切り替え。金星が太陽面を抜ける瞬間はついに太陽が雲にぃ…こうして今回の天体現象は終わったのでした。

    ※動画…金星が太陽の真ん中に重なったときも雲がよぎり、その最中に撮った動画です。
     知り合いの新聞記者のMさんが歩いています。私の隣の天体望遠鏡で撮影されている方のデータ提供を受けて、夕刊に掲載すべくこのあと帰っていきました。



    ※蛇足…前回の金環日食のために買っていた減光フィルターND100000、本日こうして“初めて”使用できました。でもこれも次の日食までは出る幕がありません。
     さて、ここでサイバーショットDSC-HX200VやHX100をお持ちの方は「おや?」と思われたがおられるかもしれません。両機種とも実はレンズにフィルターが付けられる仕様ではないからです。先日書いた記事にどうやってフィルターを付けるのかの顛末を書いていますが、実は改造前からこの太陽にまつわる天体現象に備えていたからなのでした。
     今回のように金星が太陽の前を横切るなんという天体現象は100年以上先とか。それ以外でもしばらく昼間の天体観測はなさそうですが、なにやら8月14日の早朝、というか日付かわってすぐ、金星がまたなにやら月を相手に面白い動きをするとか…こいつも見逃すと50年は同じものが見られません。



     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM